ブライダルフェアで失敗したくないなら、持参した方が良い持ち物とは?

ブライダルフェアナビ > コラム > ブライダルフェアに参加する際、あると便利な持ち物をご紹介!

持ち物はフェアによって異なります!

持ち物は参加するブライダルフェアの内容によって微妙に異なってきます。
自分が行くフェアが、見学や相談会がメインなのか、ドレス試着や料理試食などの体験型がメインなのかは、事前によくフェア内容を確認しておきましょう!
どのフェアでも持って行きたいのは、資料が入る大きめなバッグや、説明して貰ったことを書き留める為の筆記具など。
これから紹介するアイテムをぜひ参考にしてください。

ブライダルフェアに必ず持って行こう!

ブライダルフェアで必ず持っていきたいのはカメラやスマホ、大きめのバッグです。
ブライダルフェアの式場見学では気になる会場は特に念入りに写真に残しておく事をおすすめします。
家に帰ると案外、式場の様子を忘れてしまうもの。
意見を聞く際に実際に自分で撮った写真の方が、ネットよりも信憑性もあります。
大きめのバッグは見積りやパンフレットを入れる際に役立ちます。
紙袋が持ちにくい場合もあるので、用意しておくと安心です。

試着の際にもっていこう!

試着項目がある際は、ヘアゴム・ストッキング・ベアトップブラです。
ドレス試着ができるフェアでは髪をサッとアップにできるヘアクリップやゴムを持参すると着衣がラクです。
もちろん貸出もしてくれますが、念の為に持っていくと良いでしょう。
ストッキングはドレスに合わせてヒール靴を履くときには必要になります。
ひざ下ストッキングでも問題ありません。
ベアトップブラは無くても試着が出来ますが、肩や背中が露出したドレスを着る際には、イメージを損なわない為に持参すると良いでしょう。

相談会であると便利

ブライダルフェアで必ずと言っていいほど行われる相談会。
出来る限り、この相談会でリアルな見積りを出してもらう方が比較検討がしやすいと思います。
式のイメージや希望をまとめたノートや事前に調べた資料や結婚式のイメージを書き留めたものがあるのなら忘れずに持参してください。
また見積りをチェックする際の電卓もあると便利です。
スマホの電卓機能を使っても問題ないですが、結婚式の見積りは普段日常で計算している金額とケタ違いに高額です。
しっかり見積りの確認を行う際には、やはり卓上の電卓の方がミスのない計算が出来ると思います。

一日に何件も回るならもって行こう!

ブライダルフェアを一日に複数件回ることもあると思います。
思った以上に会場内を歩き回るので、ヒールだと歩き疲れてしまいます。
フラットシューズやバレエシューズなどを持参して疲れたら履き替えられる靴があると良いでしょう。
また、ガーデンや庭園見学もある会場は、日焼け防止グッズを持参してください。
屋外演出を見学する際や、広大な庭園の見学は長時間、直射日光を浴びる事もあります。
日焼け止めや帽子、日傘など、全て持参すると大変なのでどれかしら一つはあると安心です。

最後は気合とやる気です。

素敵な結婚式を挙げるには、結婚式選びは重要です。
後悔しないためにも、ブライダルフェアには万全の態勢で見学したいですよね。
ご紹介した持ち物は、ほんの一例ですが、ぜひ参考にしてみてください。
またフェアに直接は関係なくとも、臨場感を出すために婚約指輪を持参するカップルも多い様です。
当日の気分になることも大切ですね。
最後に、やはり式場選びは体力を使います。
気合とやる気を持ってブライダルフェアに臨んで下さい。

»ブライダルフェア初心者の方はこちら