ブライダルフェアの服装マナー、注意点についての大事なポイントを紹介!

ブライダルフェアナビ > コラム > ブライダルフェアの服装で迷っている方にいくつかの注意点を紹介

ブライダルフェアで後悔しないための服装マナー

大切な結婚式への第一歩であるブライダルフェア。 初めて行くときはどんな服装をすれば良いのか迷いますよね。フォーマルにしたほうがいい? それともカジュアルでOK? そんな悩みを抱える方々向けに、ここではブライダルフェアに行くときの服装、身だしなみのポイントをご紹介します。

男性がブライダルフェアへ行く時の服装

ブライダルフェアではドレスコードは決められていませんので、どのような服装でも入場できます。
しかし会場の雰囲気に合わせて、あまりラフすぎない格好で行くようにしましょう。
会場では実際に結婚式を挙げている人もいるので、無精ひげや着古したTシャツなどはNG!
ひとつの目安が、少し高めのレストランに行くときの服装。
もしも困ったらジャケット+パンツスタイルが無難と、覚えておくといいでしょう。

4つのポイントを押さえて!

男性は以下の点に注意しましょう。

1.歩きやすい、動きやすい服装で

2.タキシードの試着がある場合は白いシャツに黒のパンツスタイルで(下着も恥ずかしくないものを!)

3.資料が入る、大きなサイズのカバンがベスト!

4.冬は持ち歩きやすいコート、夏は冷房対策を忘れずに

女性がブライダルフェアに行く時の服装

男性同様、基本的にドレスコードはありませんが、式場のラグジュアリーな雰囲気に合わせてキレイ目なスタイルの人が多いので、ラフすぎる格好は避けましょう。
ワンピースやブラウス+スカートなどフェミニンな服装が一般的。デニムを着る場合でもジャケットを合わせるなどしてキレイ目にまとめましょう。模擬挙式がある場合も同様の服装でOKです。

5つのポイントを押さえて!

女性は以下の5つの注意点をを押さえておきましょう!

1.会場の雰囲気に合った服装を選びましょう

2.ドレスの試着をする時は脱ぎ着しやすい格好で(下着も見られても平気なものを!)

3.歩きにくい靴は避けましょう

4.体温調節できる格好で行きましょう

5.ドレスに合うようヘアスタイルやメイクも事前に準備しておきましょう

結婚式場はあくまでフォーマルな場所。最低限のマナーを守って!

"結婚式を行うようなホテル、レストラン、ゲストハウスはラグジュアリーな雰囲気のところがほとんどです。
なので最低限、周りの人を不快にさせないようTPOを意識し、その上動きやすさや着脱のしやすさなどの機能性も取り入れましょう。
高級レストランなど施設によってはドレスコードを設けているところもあるので不安であればホームページなどで確認してくださいね。
後悔しないためにも、準備万全に整えてブライダルフェアに臨みましょう!

»ブライダルフェア初心者の方はこちら