注意点を心に留めた上でぜひ、ブライダルフェアを楽しんで下さい。

ブライダルフェアナビ > コラム > ピックアップコラム > 注意点を要チェック!ブライダルフェアの陥りがちなワナ。

ブライダルフェアには注意するポイントがたくさん!

ブライダルフェアは幼い頃から憧れの結婚式を具体的に経験でき、結婚式の一日がイメージ出来ない人にとってもちょっとしたプチ花嫁体験が出来る、とても良い機会です。
式場探しに迷っている方にとっては参考になりますし、その会場の特徴や良さも分かります。
式場を決める前に是非とも参加して欲しいイベントなのですが注意点もたくさん。
ここではフェアに参加した際の注意点をご紹介します。

その場で契約は絶対にしない!

フェアや式場見学に行くと「本日契約していただきますと割引があります。」などといってその場で契約を迫ってくるケースがごく稀にあります。
結婚式は「高い買い物」です。
割引につられてその場で契約せずに、「必ず持ち帰って検討」することをおすすめします。
また、一つの会場を見ただけでは値段の是非も分かりませんね。
必ず複数のフェアで見積もりをとって比較してから決めましょう。

フェアでの装花や飾り付けで全てを判断しない。

ブライダルフェアはどこの会場も力を入れています。
フェアで使われる料理や装花はお金をかけて盛大に行われるケースが多いようです。
料理や装花は金額によって大きな差がでます。
特に装花は金額をかければかけるほど「華やか」な印象が強くなります。
気になった方は必ず「いくらくらいでこのような飾り付けにできるのか?」をプランナーさんに確認しましょう。
意外とお金がかかってて驚くべき金額かもしれませんよ。

見積もりを見て「安い」と安心しない

相談会やフェアに行くと最終的に見積もりを提示していただけるのですが、大体においてその見積は「必要最低限のランクでの見積もり」であることが多く、実際には後からドレス代やら演出代やら色々と追加費用がかかるのが現実です。
フェアで貰う見積はあくまでも目安。
そのため契約後打ち合わせを重ねるたびに、初期の見積りより金額がアップするのは当たり前なんです。
初期の見積りから50~100万は上乗せされると考えましょう。

アルコールに注意する!

フェアで試食会がある場合はお酒が出るケースも多いです。
お酒を飲んだ後に見積もりや相談会があった場合正常な判断ができない可能性もあります。
お酒の飲み過ぎには注意しましょう。
またお酒を飲んだ後に、スタッフが執拗に契約を迫ってくる会場であれば、その式場と契約してはいけません。
後々トラブルが発生する確率が高いです。
冷静な判断をする為にもお酒を飲んだ日は、契約しないことをおすすめします。

何を重視しているのか優先度を明確に

フェアに参加する際は自分たちが「何を重視しているか明確」にしてから行くようにしましょう。
例えば料理にこだわりがあるなら必ず「試食会付きのフェア」に参加するようにします。
ドレスを来てみたいなら「試着会」があるフェアに。
何を重要視するかは多少なりともフェアに参加する前に、二人で相談しておくようにしましょう。
そうでないと判断基準があいまいで、結局納得がいく式場選びが出来なくなってしまいます。

冷静さを忘れないで!

冒頭でも書きましたがブライダルフェアはとても楽しいものです。
普段中々体験することができない「非現実的空間」があなたを待っています。
会場のスタッフさんも会う人全員が「おめでとうございます」と言ってくれたり、華やかなドレスを着ることが出来たり。とても楽しくて嬉しい経験ができるのですが、それだけに気持ちが高揚しすぎて冷静な判断が出来なくならないように注意しましょう。

»ブライダルフェア初心者の方はこちら