ブライダルフェアの料金について教えて! 無料と有料どっちがいい?

ブライダルフェアナビ > コラム > ブライダルフェアの料金について、みんなの疑問を解決します!

無料と有料のブライダルフェア、どっちを選べばいい?

結婚が決まり、試しにブライダルフェアに行こうと思ったら、【無料】と【有料】の2つのプランが。無料と有料のプランがあった場合、どちらを選べば良いのか? そんな悩みを持つ方のために、無料と有料のブライダルフェア、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

無料のブライダルフェアのメリットとデメリットは?

多くのブライダルフェアが無料で提供されています。
無料はお金がかからないため、デート感覚で気軽に参加しやすいですが、その分サービスが劣ることも。
参加し後に「失敗した!」とならないためにも、無料のブライダルフェアのメリットとデメリットをお伝えします。

無料だからこそ、たくさんの会場に足を運べる!

試食会やドレスの試着会、模擬結婚式&披露宴など様々なイベントを無料で楽しめるのが最大のメリットです。「お金がかかるならいいや」と思っている人も無料ならば「ちょっと行ってみようか」と思えるかもしれません。またお金がかからない分、たくさんの結婚式場を回りやすいです。色々な会場に足を運んで、自分たちの理想の結婚式を実現させましょう!

全然イメージが湧かなかった、という経験をした人も

「無料で試食できる!」と飛びついたらワンプレートだけしか提供されず、結局料理のイメージが全然湧かなかった、という失敗談も多いです。試食会に限らず、模擬結婚式や披露宴もVTRやスライドショーだけだったり、ドレスの試着会など十分なイベントが開催されなかったりというケースもあります。やはり無料はあくまでも無料。サービスできる範囲も限られています。本命の結婚式会場の場合、有料のブライダルフェアも参加したほうがいいかもしれません。

有料のブライダルフェアのメリットとデメリットは?

無料に比べて、内容が充実している有料のブライダルフェア。
「絶対失敗したくない!」「式場の真髄を知りたい!」という方におすすめです。
しかし有料のブライダルフェアにもデメリットはあります。
後悔しないためにも、有料ブライダルフェアのメリットとデメリットも知っておきましょう。

満足いくまでサービスを受けられる!

無料の場合、試食はワンプレートのみなど制限がつくことが多いですが、有料プランでしたら試食もゲストと同じフルコース。ドレスの試着もできて、本番さながらの模擬結婚式や披露宴に列席できる会場も多いです。そのため、漠然としたイメージしか抱けなかったカップルも「この会場で結婚式を挙げたらこんな感じになるだろう」とかなり具体的なイメージを抱けるようになります。特に当日の食事の味やボリュームは実際に食べてみないと分からないので、有料でもフルコースで試食することをおすすめします。またスタッフも有料の参加者は会場への期待度が高いとみなすため、無料の参加者よりも真剣に相談に乗ってくれることが多いです。

たくさんの会場に足を運びづらい

お金に余裕のあるカップルは別ですが、とにかく物入りな新婚カップル。新居に、新婚旅行に、結婚式にと出費がかさむ時期に、数千円とはいえ、さらなる支出は痛いと感じている方も多いでしょう。そういった場合は、インターネットやパンフレット、無料のブライダルフェアを活用して、2~3箇所まで会場を絞り込んで。そして「もうほぼココで決定!」という会場のみ有料のブライダルフェアに参加するようにしましょう。そうすることでムダな出費を抑えられます。後悔しないためにも、しっかり下調べしてから有料のブライダルフェアには参加するようにしましょうね。

有料のブライダルフェアの相場は?

一言で有料のブライダルフェアといっても、費用感は様々。
外資系の高級ホテルの場合、参加費として1万円近く請求されることもありますが、通常ならば数万円はかかるフルコースの料理を格安で食べられるなど、総合的に見るとお得なケースが多いようです。
といっても、通常の有料のブライダルフェアの相場は1000~2000円程度。1000円程度じゃ無料とほとんど変わらないのでは? と考えるカップルもいるかもしれませんが、それは大間違い!
結婚式会場は数千円でもお金を払ってくれたカップルは「見込みあり」と算定して優遇してくれます。
結婚式の準備を円滑に進めるためにも、「結婚式を挙げたい!」と心から思った会場の有料のブライダルフェアには一回参加してみたほうが良いでしょう。

まずは無料、本命は有料とブライダルフェアは使い分けて!

すべての新婚カップルが理想の結婚式を挙げられるよう、毎日のようにどこかでブライダルフェアは開催されています。たくさんありすぎて、どの会場に行けばいいのか分からない! というカップルはまず無料のブライダルフェアに参加して、ブライダルフェアを体験してみましょう。
一度、経験したら、結婚式のイメージも湧いてくるはず。
「もっと広い会場が良い」「庭が素敵な会場で式を挙げたい」など二人の要望が出るようになったら、条件に合致する会場をひとつずつインターネットやパンフレットで探していきます。
ある程度情報収集を終えたら、本命の会場を2~3つピックアップして。
より具体的なイメージを湧かせるためにも有料のブライダルフェアに申し込んでみましょう。
本命の会場のブライダルフェアでは、見積や希望の演出ができるかを確認するだけでなく、スタッフの対応もしっかり見極めて。
会場、料理、スタッフの対応などひとつひとつの事柄をチェックすることで、理想の結婚式を挙げられるでしょう。