レストランウェディングの相場をさらに安くする方法について

ブライダルフェアナビ > コラム > レストランウェディングの相場をさらに安くする方法

レストランウェディングをさらに安くするには

比較的低コストで結婚式を挙げられると、注目を浴びているレストランウェディング。 といっても、レストランウェディングでも300万円程度のコストがかかるのが普通。 結婚式場やホテルに比べると安価ですが、もっと金額を抑えたいカップルもいるでしょう。 そんな新郎新婦のために、さらに安くレストランで結婚式を挙げる方法をお伝えします。

相見積もりを取る

お気に入りのレストランがあったとしても、2~3件から相見積もりを取るようにしましょう。
例えば、正規の金額を提示されたとき、契約前ならば「別のレストランは○○円でした」などとさりげなくアピールすることで、値下げできることもあります。

会場装飾に凝っているレストランを選ぶ

節約のため手作りしたとしても、自分たちで会場の装飾を用意したら時間もコストもかかります。
それらの手間を省くためにも、室内装飾をしなくても問題ないくらい、おしゃれなレストランを選ぶようにしましょう。
レストランそのものに雰囲気があれば、新郎新婦がわざわざ飾りまで準備する必要はありません。

何でも自分で手配する

レストランウェディングといっても、レストラン自体は結婚式のノウハウを持ってないため、ウェディングプロデュース会社と提携していることが多いです。
そのため、レストランウェディングを選んだとしても、提携先に頼めばそれなりにコストがかかります。
そうならないためにも、衣装、写真、ヘアメイク、司会者、ブーケ、ペーパーアイテム、引出物など、できる限り何でも自分で用意しましょう。
レストランはホテルや結婚式場に比べて持ち込み料が無料だったり、安価だったりすることが多いです。
そのため、自前で用意することで、一気にコストを削減できます。

小さな節約の積み重ねが、大きなコストダウンに

「1円でも安く、理想の結婚式を挙げたい」と願うカップルは多いはず。
その思いを実現するには、こだわるポイントを決めることが肝心です。例えば、ゲストへのおもてなしに重要な「料理」「引出物」に予算を費やして、ペーパーアイテムや装飾の手作りを心がけるなど、お金をかけるところと、節約するところをしっかりと分けて考えましょう。
事前に担当プランナーに相談して計画するのも良い方法でしょう。

»レストランウェディングの相場をもっと詳しく