和婚のブライダルフェアに参加する前に、和婚の基礎知識を学びましょう。

ブライダルフェアナビ > コラム > 和婚のブライダルフェアに参加する前に、知っておくべきこととは

「和婚」を考えている人は、ブライダルフェアでぜひ体験を

人気急上昇中の和装で行う結婚式「和婚」。 和婚とは、和服を着用したり、日本料理を出したり、神社での神前式を行ったりする、日本文化を取り入れた結婚式のこと。日本人に生まれたからには、結婚式も日本の伝統文化を大切にしたいと考えるカップルに大人気です。 ここでは、そんな和婚の衣装・挙式の流れ・料理についてお伝えします。

和婚での主な花嫁衣装

和婚のとき花嫁は白無垢、色打掛、引き振袖を着るのが一般的です。
白無垢とは、掛下から小物まですべて白で統一した花嫁衣装。
「嫁ぎ先のどんな家風にも染まります」という意味が込められています。
色打掛は、小袖の上にさらに大きめの小袖を羽織った着物。豪華で重厚感があり、赤を中心に黒やゴールドなどさまざまな色、刺繍から選ぶことができます。
引き振袖は、「お引きずり」とも呼ばれる、裾が地面に着くぐらい長い振袖のこと。打掛に比べて軽く、身動きを取りやすいのでレストランウェディングなどに人気です。

和婚の式の流れとは

1.入場(参進)
式場係を先頭に、新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順番で入場します。

2.修祓(しゅばつ)の儀
斎主による修祓(お清め)のお祓いを受けます。

3.祝詞奏上(のりとそうじょう)
斎主が神に二人の結婚を伝えます。

4.三献(さんこん)の儀
三三九度の杯を交わし、夫婦の契りを交わします。

5.誓詞奏上(せいしそうじょう)
新郎新婦が、誓詞を読み上げ、神に愛を誓います。

6.指輪の交換
新郎、新婦の順番に、相手の左手の薬指に結婚指輪をはめます。

7.神楽奏上
伶人(れいじん)が奏でる雅楽に合わせ、巫女が舞を奉納します。

8.親族盃の儀
列席者全員で御神酒をいただきます。

9.退場

和婚の料理とは

料亭の会席料理や日本料理は、重めのフレンチフルコースを食べ慣れないというご高齢の方でも抵抗なく楽しめると支持を集めています。最近では和を取り入れたフレンチやイタリアンも増えており、より幅広い層に楽しんでもらえるよう、アレンジを加えるなど各会場共に工夫されているようです。

日本の伝統文化を愛する大人カップルに「和婚」はおすすめ!

和婚は二人で行う儀式も多く、挙式の中味を重視するカップルに人気です。
和婚ならではの厳かな雰囲気、気品の高さ、上品で豪華な日本料理などは新郎新婦だけでなく、列席者全員の心に残る思い出となるでしょう。
日本の伝統文化を経験したい方は、ぜひ和婚も検討してみてくださいね。

»ブライダルフェア初心者の方はこちら