ブライダルフェアとは? 内容や種類、参加のメリットなどを解説します。

ブライダルフェアナビ > コラム > ブライダルフェアとは何か? 内容や種類について解説します。

ブライダルフェアに行ってみよう!

インターネットや雑誌などで情報収集してみたけど、いまいちイメージが湧かないというカップルにはブライダルフェアへの参加がおすすめです。 ブランダルフェアとは、結婚式の見学会のこと。 挙式や披露宴会場の見学はもちろん、ドレスを試着したり、当日の料理を試食したりして、より結婚式のイメージをより具体的にすることができます。 気になる会場が見つかったら、さっそく予約をいれてみましょう。

ブライダルフェアに参加して、結婚式の裏側までよく知ろう

ブライダルフェアに参加することで、今まで漠然としていた結婚式のイメージを膨らませることができます。
友人の結婚式に参列したことがある人でも、スタッフの動線や料理がサーブされるタイミングなど、考えたことがなかったという人は多いでしょう。
ブライダルフェアは、そんな裏側まで含め、トータルで結婚式について考えられる絶好の機会なんです。

結婚式の様子を具体的に想像できる

雑誌やインターネットだと、どの結婚式場も良い感じに見えてしまうもの。
でも、実際に会場に足を運び、体験してみることで、「この演出は取り入れたい!」「これはやらなくてもいいかな」など具体的に考えることができます。
自分たちで考え、話し合っても、解決の糸口が見つからないカップルは、実際に体験して、次のステップに進めるようにしましょう。

わからないことは何でも質問できる

「こんな演出をしてみたい!」と思っても、本当に実現可能か、不安ですよね。
そんなときも、ブライダルフェアに参加すれば、担当者に可能な演出内容など疑問点を質問することができます。

会場の雰囲気を自分の目で確かめられる

ホームページや雑誌の情報だけだと、会場の広さや雰囲気などはつかみにくいもの。
しかし、実際に会場を訪れれば、会場内はもちろん、トイレや廊下、スタッフの接客態度まで自分の目でしっかりとチェックできます。

ブライダルフェアってどんなことをしてくれるの?

ここまで読んで、ブライダルフェアに興味を持ち始めた方もいるのではないでしょうか?
では、ブライダルフェアでは、どんなことが体験できるのか? 具体的な内容についてご紹介します。

結婚式場の雰囲気を確認

結婚式場の雰囲気がそのまま結婚式の雰囲気につながるといっても過言ではありません。
ブライダルフェアでは、結婚式場の装飾・装花や引出物、引き菓子、招待状や席次表などのペーパーアイテムまで展示されていますので、細部まで自らチェックすることができます。
隅々までしっかり確認することで、挙式のイメージをどんどん固めていきましょう。

ドレスの試着

結婚式のメインともいえる、花嫁のドレス選び。
ブライダルフェアでは、そんなドレスの試着をすることができるフェアもあります。
雑誌などで気になっていたドレスを着てみる絶好のチャンス!
どんなライン又は色のドレスが自分に似合うか、鏡を前にしっかりチェックしてくださいね。

料理の試食会

結婚式は自分たちの記念でもあるけど、ゲストの方々にも楽しんでもらいたいもの。
ゲストの満足度を左右する大きなコンテンツが、料理です。
「美味しい料理を愉しんでもらいたい!」というカップルのため、ブライダルフェアでは料理の試食会を実施。
味はもちろん、ボリューム、サーブのタイミング、スタッフの対応まで、ゲスト目線で厳しくチェックしてくださいね。

模擬挙式・模擬披露宴

会場を見ただけでは挙式や披露宴のイメージが湧かないカップルには、模擬挙式・模擬披露宴への参加もおすすめです。
挙式の流れや教会の雰囲気、照明、音楽、ゲストの動きなど実際に参列してみないとわからない点まで確認できます。
テーブルの配置や新郎新婦との距離なども、移動のしやすさや、写真撮影のしやすさなどにつながってくるので抜かりなくチェックしておきましょう。

質問・相談会

ブライダルフェアの最大の目玉は、プロのウェディングプランナーに相談できる、相談会。
たとえ、自分のなかで具体的にイメージを膨らませても、予算や日時、会場の都合などで実現できるかはわかりません。
「こんな演出をしたいんですけど、できますか?」「できるだけ、費用を抑えたいんですけど」など気になることは、この機会に何でもざっくばらんに聞いてみましょう!
結婚式の成功には、会場スタッフの協力が欠かせません。
積極的に質問するなかで、信頼できる実力のあるプランナーを見つけましょう。

日時は選択可能! 都合の良い日に参加して

ブライダルフェアに参加したいけど、「土日休みでない」「仕事が忙しくて、時間がとれない」というカップルも多いはず。
そんなカップルの要望にお応えして、多くのウェディング会場は、平日も含めさまざまな日時にブライダルフェアを開催しています。
2人の都合の良い日に、ぜひデート感覚で参加してみて。

会場をゆっくり回れる「平日フェア」

土日は仕事というカップルのために、ブライダルフェアは平日にも開催されています。
平日フェアのメリットは、比較的空いているため、担当者とゆっくり話せること。
またブライダルフェアはカップル限定のイベントではありません。
そのため、パートナーの都合がつかなくても、平日に両親と一緒に参加したり、1人で話を聞きに行ったりすることもできます。
時間に追われながら結婚式の相談をするのはイヤだ、という人におすすめです。

夜の雰囲気を味わえる「夕方フェア」

2人そろって休みを取るのが難しいカップルは、夕方フェアもおすすめです。
会社帰りにそのまま行けるので、比較的時間を調整しやすいはず。
また夕方の挙式や披露宴を考えているカップルは、実際に日が暮れた後の会場の雰囲気を見学することで、より具体的にイメージを膨らませることができます。

平日は忙しいカップルのための「週末フェア」

平日は2人とも仕事で忙しい! というカップルに人気の週末フェア。
休日にデート感覚で出掛けられますし、ケースによっては、本番直前の会場の様子を見ることもできます。
実際の花嫁・花婿を見ることで、自分たちの結婚式のイメージが大きく膨らむこと間違いなし!
ただし土日祝は結婚式の予約が入っていることが多いため、見学できるスペースが限られることもあります。

ブライダルフェアを通じて、結婚式のイメージを膨らませよう

ブライダルフェアのイメージをつかむことはできましたか?
ブライダルフェアは、館内見学や質問・相談会など含めて2時間ほどで終わることが多いですが、模擬披露宴や試食会などが執り行われる場合、3~4時間程度かかることもあります。
そのため、1日1~2件程度回るのが一般的です。
なかには、1日に4件回った! という強者カップルもいますが、「詰め込みすぎると、会場のイメージが混ざってしまい、逆に絞り込みづらくなった」という声もあるので要注意。
ブライダルフェアは自分たちの挙式のイメージを膨らませ、結婚式へと一歩前進するためのイベント。
ぜひ生の会場の雰囲気を感じることで、結婚式のイメージをより鮮やかにしてくださいね。